LAVAを退会する際の注意点

「LAVA(ラバ)は楽しかったけど、忙しくなり通えなくなってしまった」

「妊娠してホットヨガができなくなった」

ホットヨガLAVA(ラバ)はダイエットにもいいし気分転換にも最高ですが、やむを得ない理由で退会(解約)しなければならない時もありますよね(´;ω;`)

安くても1万円前後払っているのになかなか通えないと、「通えなかった!」というプレッシャーや、お金がもったいないという気持ちが先に来て、楽しめなくなってしまうという事もあると思います。

そんな方に向けてこのページでは、LAVA(ラバ)の退会方法や、休会制度について、再登録できるかなどを詳しく紹介しています。

内容をまとめると以下になります。

  • LAVAを退会するには店舗に行く必要があり(電話での解約はできない)
  • 必要なものは会員証のみでOK
  • 引き止めがあるかなどは店舗による
  • 期限はいつまで→退会したい月の15日までに
  • キャンペーン中に入り最低契約期間を満たしていない場合は違約金が発生

詳しい内容を本文で書いているので、LAVAの退会で損をしたくない人はぜひ参考にしてみて下さい!

この記事はハナが作成しています。

新型コロナウィルス対策について最新情報
2020年3月13日(金)現在の最新情報です。

LAVA(ラバ)の退会(解約)方法

退会の流れ

LAVAの退会(解約)の流れついてまとめてみました。

退会までの流れ
  1. 入会したメインの登録店舗に行く。
  2. 退会(解約)したいと伝える。
  3. 必要書類の記入・アンケート記入。

解約時の持ち物は会員証のみ

LAVA(ラバ)を退会(解約)したい場合は、入会したメインの登録店舗に会員証を持って行くだけで手続きができます

入会時のように、印鑑やキャッシュカードは不要です(o^―^o)

退会手続きに必要な書類を記入したら当日中に終わります。

その際に、後で説明しますが退会理由について聞かれたり、別のコース変更を提案されたりします(笑)

中には引き留めが強い店舗や、その逆に退会理由をしつこく聞かれない店舗もあったりして、店舗ごとに対応が少し異なるようです。

再登録に対しての説明などは特にありません。※永久会員制度について後で触れます

退会理由で多い内容

Twitterの投稿やネット上の内容から、下のような退会理由が多かったです。

LAVA(ラバ)主な退会理由
  • 料金が高い
  • 妊娠してしまった
  • 生活が変わり通えなくなってしまった
  • 通える店舗が遠くて、行かなくなってしまった
  • 好きなインストラクターさんが辞めてしまった
  • 通える時間帯のコースのレベルが合わない
  • ヨガを辞めてジムに通うことにした

この中でも、

「料金が高くて負担になった」

「妊娠してしまったので続けられなくなった」

「生活が変わり通えなくなった」

という退会理由が多かったです。

料金が高い

LAVA(ラバ)の料金体系は、ホットヨガスタジオの中では「高すぎる料金」ではありません。

下の記事で、他スタジオと料金比較など詳しく紹介していますので、よければご覧ください

参考:LAVA(ラバ)の料金体系は高いのか?

それでもマンスリーメンバー・フリー(全店通い放題)の場合一律月額16,800円(税込)、2店舗通い放題でも6,800円~15,800円(税込)かかるのは結構負担ですよね(´;ω;`)

通い放題で週2~3回行ける場合は元を取れている感じがしますが、週に1回も通えなかった人はもったいないと感じてしまいますよね。

「今週は1回も行けなかった・・・」

「今月もう終わっちゃうのに全然行けてない・・・」

とプレッシャーになってしまったり、大好きだったホットヨガがテンションの下がるモノになってしまったという方も多いようです

妊娠して続けられなくなった

LAVA(ラバ)をはじめホットヨガスタジオでは、妊娠中は脱水症状を起こしやすく、子宮収縮の可能性もあるので、受講を禁止しています。

LAVA(ラバ)が常温で開催されている「マタニティ・クラス」がありますが、銀座グラッセ店や三軒茶屋店など受けられる店舗が決まっています。

この場合、産前産後に最低でも1年以上はホットヨガができないので、退会するという方が多いです。

生活スタイルが変わり通えなくなった

20~30代の女性の場合は特に、結婚や出産、旦那さんの転勤、仕事の昇進・移動などで生活スタイルが変わりやすいですよね。

そのため

  • 通っていた店舗が遠くなってしまって通えなくなった
  • 仕事や子育てが忙しくなって通えなくなった

という理由で退会する場合も多いようです。

退会(解約)する時の注意点やポイント

前月15日までに解約手続きをする必要がある

ラバの退会はいつまでにすればお得か?

LAVA(ラバ)公式サイトに書かれていますが、退会したい場合は、前月の15日までに解約手続きをしないなりません。

16日以降になってしまった場合、解約月の翌月まで料金を請求されてしまいます。

例えば10月いっぱいでLAVAを退会したい場合、10月15日までに退会申請をした方がいいということです。10月16日になってしまうと、11月月分の会費もかかってしまいます。

永久会員制度のため、正確にはコース解約

LAVA(ラバ)は永久会員制度なので、正式には退会ではなくコースの解約になります。退会時にスタッフの方から丁寧に説明してくれます(o^―^o)

そのためコース解約後も、会員証は返されますし、webサービスも利用できます。

また一回券でホットヨガを利用することもできます(3,300円〜3,700円とちょっと高めですが)

一回券についてはこちらで説明しています。参考:LAVAの1回券の料金

一度退会したとしても、また通いたくなった場合にはすぐにスタジオ予約で来るので嬉しいですね♪

キャンペーン中の途中退会は、違約金が発生する

LAVA(ラバ)では2019年よりほぼ毎月、3ヶ月通い放題2,167~3,800円(税込)という大型キャンペーンをしています。

全店舗通い放題のフリーフル会員でもマンスリー4会員でも、同じキャンペーン価格で3か月通えるので、かなり魅力的ですよね♡

ただこのキャンペーンには条件があり、キャンペーンの3か月間が終了しても、5か月→9ヶ月は継続して通わなければなりません。(;´・ω・)

つまり、入会より8カ月→トータル12カ月間は契約を継続する必要があるということです。

その期間の前に途中退会した場合は違約金が発生し、3か月間の通常料金とキャンペーン料金の差額を払う形になります。

つまりキャンペーン料金が適用されなくなり、通常料金を払わなければならないということです。

ただこの違約金は上限が25,000円と決まっており、差額がそれ以上多くても25,000円以上はかかりません。

【フリーフル会員の場合】

A:通常料金 16,800円×3か月=50,400円

B:キャンペーン料金 3,800円×3か月=11,400

AB=差額39,000円

計算上は差額39,000円分の支払いになりますが、上限が25,000円と決まっているので、フリーフル会員で途中解約する場合は25,000円の違約金になります。

違約金とはいいますが、キャンペーンの特典がなくなり、元々の通常料金分を支払うだけなので、損はしていません。

むしろ、入会金と登録金の1万円分は無料のままなので、1万円得しているということになります。

(とはいえ払う事は払うので、損した気持ちになるのも分からなくありませんが・・・)

キャンペーン中の解約については良くある質問になるので「LAVAのキャンペーンを途中で退会(解約)したら違約金はかかるのか?」の記事にて詳しく解説していますのでキャンペーン中に入会した方はぜひチェックしてみて下さい。

メモ
2020年1月現在、同じ3か月通い放題キャンペーンがありますが、条件や継続期間の変更があります。

キャンペーンの3か月間の後も、5か月間9カ月の継続が必要
つまり入会からトータル12か月間はマンスリー会員でいる必要があります。

途中解約の場合は差額(3か月分の通常料金-キャンペーン料金)を払わなければならない
上限25,000円の違約金が発生

この内容も、今後変更になる可能性があるので、小まめに公式サイトで確認する必要がありそうです。
詳しい最新の内容は、下の記事で紹介しています!!

退会手続きは電話では受け付けていない

LAVA(ラバ)退会の手続きは、入会したメインの登録店舗に行かなければできません。

もちろん電話(コールセンター)でも受け付けていません。

マンスリーメンバー・フリー会員で複数の店舗を利用していたとしてもメイン登録店舗以外はできません。

システムで管理されているだろうに、少し不便だなーと思いますよね(^_^;)

退会理由をスタッフに聞かれることもある

LAVA(ラバ)退会時のアンケート用紙には、退会理由を書く店舗と、全く退会理由を書く欄のない店舗があるようです。

アンケート用紙はそれぞれの店舗で独自に作成しているのかもしれませんね。

ただスタッフに、退会理由を聞かれる場合もあります。

というか聞かれると思って心構えしておいた方がいいですね(笑)

「退会する」と伝えるときは、少なからずドキドキしますよね(;´・ω・)

スタッフさんは基本的には退会してほしくはないので、改善が可能な退会理由であれば

「月4回のマンスリー4メンバーにならないか」

「休会して考えないか」

と甘い言葉をささやいてくれます(笑)

退会の意思が固まっている場合には、万一強く引き留められた場合に備えて、しっかり退会理由を答えられるようにしておいた方がいいですね(笑)

休会もあり?

LAVA(ラバ)には休会と退会(解約)がある

先にも触れたとおり、退会する際にスタッフに「休会はどうか?」と提案されることもあるようです。

LAVA(ラバ)には休会制度というものがあり、退会を考える前に「休会する」というのも一つです。

休会は、事務手数料を月2,600円(税込)払えば最短翌月から可能です

この事務手数料は、退会やコース契約に復会しない限りずっと引き落とされることになります。

「休会中にもお金とるのね・・・」

とちょっと悲しい気もしますが、それでも月額料金(安くても月額6,300円)よりは安いので、一定期間LAVA(ラバ)に通えないのが分かっている人にはありがたいです(´;ω;`)

まぁこの2,600円て、正直ちょっと高いなぁ~・・と私は思います(笑)

ただまたLAVA(ラバ)に通いたいとは思っている!という人であれば、退会よりも休会の方がお得な場合もあります!

この後で説明しますね~~

休会の流れ

まず、退会はやめて休会をしたい、となった場合はどうすればいいでしょうか?

休会の流れ
  1. 休会したい月の前月の15日までにメインの登録店舗で「休会したい」と伝える
  2. 事務手数料が月々2,600円発生する説明を受ける
  3. 翌月から事務手数料2,600円の引き落としになる

これで完了です。退会と一緒で、必要なのは会員証のみです。

同じく入会手続きをしたメインの登録店舗で、休会の申し込みをしてください。

休会と退会の違いや料金については、以下の記事で詳しく紹介しています!

参考:LAVAの休会方法は?退会との違いや料金は?

休会とどちらがお得?

退会(解約)と休会の料金を比較

休会と退会のどっちにしようか悩んでいる場合、どっちがお得か料金比較表を作ってみました

退会して再登録する際にかかる再登録金 5,000円
休会1か月目 2,600円
休会2カ月目 2,600円×2か月=トータル5,200円
休会3か月目 2,600円×3か月=トータル7,800円

2か月以上休むなら退会(解約)がお得

退会した後に再登録する場合は、再登録料として5,000円がかかります。

また再登録料が無料になる再登録キャンペーンの時に入会すれば「0円」です。

以前は月々2100円税込で休会できていましたが、現在は2600円かかるので、2ヶ月目で既に登録金の5000円以上かかってしまいます。

そのため、2か月続けて通えないのであれば退会の方がお得です

再入会したい場合

LAVA(ラバ)に再入会したい場合は、月額料金の未納金がなければいつでも再入会可能です。

再登録に必要なものは下にあるものです

再登録時に必要なもの
  • 身分証明書※運転免許所、パスポート、住基カード、健康保険証など
  • 本人名義のキャッシュカード
  • 印鑑
  • 再登録金5,000円
  • 施設利用料2,500円
  • 当月と翌月(2カ月分)の月額料金

この再登録金5,000円や2か月分の料金がちょっと負担ですよね。この料金をお得にする方法がいくつかあります!

お得に再登録する方法

16日以降の再登録

LAVA(ラバ)に再登録する場合、初月と翌月の2ヶ月分の月額料金を用意しないとなりません。

ただ、16日以降に入会の場合、その月の料金が無料になるので、実質1ヶ月分だけで済みます

これはかなりお得ですよね!笑

LAVA 登録月

(画像出典:LAVA公式サイト)

再入会キャンペーン中

LAVA(ラバ)では定期的に「再入会(リトライ)キャンペーン」というものをしています。

メルマガを解除していなければ、お知らせメールが届きます。

再登録金の5000円が無料になるというキャンペーンはかなりおいしいですよね。

2020年1月~11月現在に行われている大型キャンペーンでは、「過去5ヶ月以内にLAVAを利用していない人なら誰でもok」という今までで一番再登録したい人に優しい条件になっています!

再登録料がもったいないと思って二の足を踏んでいる人にはぜひキャンペーンを利用してほしいです♪

再スタートクーポンを利用する

再登録キャンペーンよりも更に確率は低いですが、退会した一部の人に「再スタートクーポン」というクーポンがハガキ(DM)やメールで届くようです。

登録金5,000円無料に加えて、3か月3,800円通い放題などの特典付きです!

実質3万円以上お得に再入会できるクーポンになりますね。

詳しくは、下の記事で紹介していますので、よければご覧ください。

参考:LAVAの再入会はキャンペーンはすごくお得!

メモ
2020年現在、再入会キャンペーンが頻繁に行われるようになっており、再スタートクーポンが現在も発行されているのかは不明です。

まとめ

以上、LAVA(ラバ)の退会方法や、再登録したい場合の方法などを徹底解説してみました。

LAVA(ラバ)は前月15日までに、入会手続きをしたメインの登録店舗に会員証をもっていくだけで退会可能です。

注意点としては以下のようなことがあります

退会まとめ
  • LAVAは永久会員制度なので、退会(解約)後も会員であり、1回券でスタジオを利用できる
  • 電話では退会手続きはできない
  • 退会理由を聞かれる場合や、引き留められる場合もある
  • キャンペーン中の途中退会だと、通常料金との差額を一括請求される

またLAVA(ラバ)には休会制度というものもあり、短期間だけ通えない場合なら事務手数料を月2,600円払えばコース解約しないでも在籍できます。

ただ2か月以上通えないと分かっている場合は、再登録金5,000円を考えても退会してしまった方がお得です。