ラバの2020年1月からの3か月キャンペーンのポスター

LAVA(ラバ)のキャンペーン中に入会するのはお得ですが、利用条件が色々あります。

こんにちは!ホットヨガ部(@hotyoga_bu)のマミです(o^―^o)

女性ピンク左から

もしキャンペーン途中で退会しちゃったら、違約金が発生したりするのかな?

やむを得ない事情でも、違約金や再入会できない等のペナルティがないか心配になりますよね。

結論からいうと、3か月通い放題ャンペーンは、途中解約で違約金(解約金)を払う必要があります。

ただこれはキャンペーンでお得だった分が適用されなくなるだけで、損していることはありません

またこの違約金(解約金)の金額や、継続期間の縛りは、入会した時期によって異なります。

このページでは「LAVA(ラバ)のキャンペーン中に途中で退会すると損するか?」「途中解約しない方がいいケースもある?」など詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

2020年最新情報
記事中でも説明しますが、2019年5月頃よりキャンペーン中の条件に変更がありました。
キャンペーン後5か月の継続が必要→キャンペーンの3か月間が終了後も、9カ月の継続が必要
(トータル12か月間の継続)
キャンペーンの途中解約で、支払わなければならない金額の上限が25,000円になりました。
※2020年1月には既に変更してあり、コロナウィルス感染拡大のために変更した訳ではありません。
新型コロナウィルス情報
  • 2020年5月6日まで臨時休業していましたが、その後各店舗営業時間の変更、感染対策を徹底して営業を再開しています。
  • 新型コロナウィルス拡大以降の解約金(違約金)は通常月額料金-キャンペーン料金の差額を支払う形になっています(上限25,000円)

LAVA(ラバ)のメインのキャンペーンは2つ

LAVA(ラバ)では大きく分けて2つのキャンペーンが行われています。

LAVA(ラバ)の2大キャンペーン
  • 入会キャンペーン:体験レッスン日の入会で入会金・登録金無料
  • 大型キャンペーン毎年3回程開催される
    2019年より通年開催されている
    「3か月2,167円~3,800円(税込)通い放題」。入会金・登録金無料(安心サポート・水素水3か月無料など含む)

3か月の通い放題の月額は、キャンペーンごとに若干価格が異なります

LAVA(ラバ)には通常開催されている入会キャンペーンと、3か月通い放題キャンペーンがあります。

常時開催されている入会キャンペーンとは、体験レッスン当日に入会すると入会金・登録金トータル10,000円分が無料になるというものです。

こちらは基本的には初めてLAVA(ラバ)体験レッスンを予約した人が対象のキャンペーンです。

LAVA(ラバ)にはもう一つ、年3回程(1~2月、4~5月、9~10月頃)開催する

2019年より通年開催されている「3か月2,167円~3,800円(税込)で通い放題というお得な大型キャンペーンがあります。

入会キャンペーンには違約金(解約金)というものは発生しませんので、今回この記事で扱う内容は、3か月通い放題キャンペーンの解約についてです。

LAVA キャンペーン特典

↑こちらは2019年1~2月末に開催されていた3か月通い放題キャンペーン。

2019年3月~6月末のキャンペーンも3か月3,100円(税込)のキャンペーン価格でした。

女性ピンク左から

キャンペーン価格は時期によって変動がありますね。

LAVA(ラバ)3か月通い放題キャンペーンの看板

2019年から2020年1月現在も3か月通い放題キャンペーンは継続して開催しています。

ホットヨガ部

2019年より3か月通い放題は毎月開催されています。

2019年7月~12月末までの3か月通い放題キャンペーンは3か月間税込3,800円(月額)になっていました。
2019年はキャンペーン価格の変動が2回あったので、今後も不定期に変わっていくと予想します。
2020年1月からのラバ3か月キャンペーンの看板
2020年1月~2月末までは、今までで一番お得な3か月1,970円(税抜)通い放題キャンペーンになっていました!
そして2020年3月は、「最初の2か月間無料、3か月目に7200円(税込)の通い放題キャンペーン」を実施しています!!
キャンペーン価格の変動まとめ
2018年~2019年6月末まで
→3か月3,100円(税込)
2019年7月~12月末まで
→3か月3,800円(税込)
2020年1月~2月末
→3か月2,167円(税込)
2020年3月~
→3か月7,200円(税込)※5月6日まで13都道府県は臨時休業

入会キャンペーンや3か月通い放題キャンペーン、ずっと割など各種キャンペーンの詳細は、以下の記事で紹介しています。

参考:LAVA(ラバ)の各種キャンペーンて?入会キャンペーンと3か月キャンペーン。

LAVAを途中退会(解約)すると違約金が発生する

LAVA(ラバ)ではキャンペーンを継続期間の途中で解約(退会)すると、違約金が発生します。

また2019年5月頃のキャンペーンより継続期間を含めルールの変更がありました。

そのため入会時期によって継続期間の縛りや、違約金(解約金)の金額が異なります。

下にLAVA(ラバ)の3か月2,167円~3,800円通い放題キャンペーンのルールをまとめてみました。

3か月通い放題キャンペーンの利用ルール
  • キャンペーン価格終了後も5か月間の継続が必要(トータル8カ月間の継続)
    →2019年5月頃よりキャンペーン期間3か月が終了後も、9カ月間の継続が必要になりました。
    (トータル12か月間の継続)
  • キャンペーン対象店舗で体験レッスン当日の入店が条件。
  • 3か月のキャンペーン中はコース変更できず、4か月目からコースやオプションの変更が可能。

2019年1月~2月開催されていた3か月間通い放題キャンペーンでは、2018年9月以降LAVAをご利用されていない方」が対象になり、再入会の間口が広がりました。

以前は3か月通い放題キャンペーンは再入会の方は利用できませんでしたが、2019年より解約しても5か月経てばキャンペーンを利用して再入会もOKと、間口が広がりました。

つまり3か月通い放題キャンペーンと併用して、再入会キャンペーンも開催されているという事になります。

再入会キャンペーンは従来不定期なものでしたが、2019年よりほぼ毎月開催しています。

一度解約した人がお得に再入会できる、再入会キャンペーンについての詳細は、以下の記事に載せています。

参考:再入会はキャンペーン中が一番お得!

現在12ヶ月間の縛りがある

3か月通い放題キャンペーンでは、キャンペーン価格が終了しても9カ月間継続が必要(以前は5か月間継続であった)」という継続期間の縛りがあります。

つまりに登録から12か月間は継続してくださいということです。(トータル12か月過ぎたら解約可能)

女性グリーン右から

2019年5月頃のキャンペーンから入会から8カ月継続→12か月の継続に変更になったようです。

またキャンペーン料金が終了後4か月目からは、マンスリーメンバーのコースの変更ができます

ホットヨガ部

4か月目からは、通い放題から月4回のお手頃なコースに変更するなど、自分の通うペースに合わせて変えることができます。

月額2,167~3,800円(税込)のキャンペーンだったからメンバーフリー会員で登録していたけど、

女性グリーン右から

月額16,800円(税込)になったら負担が大きいな・・・

と感じたら、ライト会員やマンスリー4会員に変更して安くすることもできます。

2019年5月以前の人は8カ月の縛りでOK

12か月の縛りは2020年現在の継続条件になります。

LAVAは時期によって登録の条件が変更するので、2019年5月より以前の人は「キャンペーン価格終了より5か月の継続」が条件になっていました。

つまりキャンペーンで入会してからトータル8カ月継続すれば9カ月目には解約ができるということです。

LAVA(ラバ)のコールセンターに確認したところ、その時の契約条件が適用になるということなので、2019年5月以前に登録した人は、登録した月から数えて8カ月継続していれば違約金はかかりません。

通常料金との差額を払わなくてはならない

9か月継続しないで途中解約した場合「違約金」が発生すると伝えましたね。

途中解約は条件外なので、キャンペーン価格が適応されなくなり通常の月額料金を支払うことになります。

3か月分はキャンペーン価格分しか払っていないので、通常料金分には足りませんよね。

つまりキャンペーン料金と通常の月額料金の差額を後から支払うということになります。

繰り返しますが3か月間キャンペーン料金で利用していた場合、3か月分の通常料金とキャンペーンの料金の差額を一括で払えば問題なく途中解約できます。

違約金の上限は25,000円で、一番高いフリーフル会員(月額16,800円)の場合でも、25,000円以上はかかりません。

一括請求というところがミソです。結構負担と感じる金額ですよね・・・(´;ω;`)

ただキャンペーンの前提条件なので、途中で退会した場合に無効になるのは仕方がないことです。

通常価格を払うことになっただけで、それ以上の支払いの請求はありません。(損はしていないということですね!)

ずっと割は24カ月間の縛りがある

女性グリーン右から

ちなみに、「ずっと割」の場合は、24カ月の継続が必要になり、途中で解約する場合、こちらも最大25,000円支払わなければなりません

ずっと割とは

体験レッスン当日に入会する人限定で申し込める、月額料金がずっと最大1,000円引きになるスペシャルなキャンペーンです。

2019年10月の消費税改定と共に登場したもので、2020年現在もキャンペーンは継続しています。(ただし店頭での入会のみです)

ずっと割は「3か月通い放題キャンペーン」と併用して申し込むことも可能です。

ただし以下の条件があるので、注意してください。

契約してから24カ月間はマンスリ―会員を解約できません。
もし途中解約する場合、通常料金との差額分上限25,000円)を支払わなければなりません。

参考:ラバ公式サイト(ずっと割

ずっと割についてや、他のお得になるキャンペーンについては以下の記事で詳しく載せています。

参考:LAVAの各種キャンペーン!3か月キャンペーンや入会キャンペーン

妊娠で途中退会(解約)の場合は?

では妊娠での途中退会(解約)はどうでしょうか?

妊娠での解約は自己都合とはいえ、身体的にどうしようもないことですし、続けたくても続けられない状況での解約ですよね。

妊娠を理由にする途中退会(解約)では、差額分の料金はなしにしてほしいですよね(´;ω;`)

この内容についてLAVA(ラバ)に直接確認してみました。

残念ながら、妊娠の理由でもキャンペーンでの途中解約は通常料金を払わないとなりません。

同じように、3か月間のキャンペーン料金と通常料金の差額を一括での支払いをお願いされてしまいます涙

また基本的には妊娠を証明する書類の提出は不要ですが、体調により店舗での解約ができなさそうな場合は、証明する書類を提出してもらう場合もある、とのことでした。

途中退会(解約)でも損にはならない

実際キャンペーンの途中で解約すると、損をしてしまうんでしょうか?

正確にいうと途中解約しても、損はしていません

キャンペーン価格が適用にならなくなりますが、元々支払う予定の通常料金を払うことになったというだけで、それ以上の支払いを請求されている訳ではないからです。

むしろ、入会時の入会金と登録金が無料な分、得をしているんです。

(この1万円は途中解約しても、後日請求されることはありません。)

1万円分(登録金+入会金)は得をしている

キャンペーンで入会した場合、登録金と入会金を合わせてもともと1万円は得をしていることになります。

そのため、違約金が1万円未満であれば、キャンペーンで途中解約してもお得だったという事になります。

違約金は先程、契約したコースの通常料金からキャンペーン価格を引いた差額分の支払いになると説明しましたので、「途中解約でも損をしないか」計算してみました。

違約金は上限25,000円なのでそれ以上に得している

女性グリーン右から

…結論からいうと、フリーフル会員やライト会員の場合、通常の月額料金との差額が大きいので、違約金が上限25,000円と決まっていることでお得だともいえます。

ラバの料金体系
ラバには大まかにいうと3種類のマンスリー会員があります。
一番グレードが高く料金が高いのが「フリーフル会員」、その次が「ライト会員」、一番リーズナブルなコースに「マンスリー4会員」があります。
フリーフル会員は全国一律料金ですが、ライト会員とマンスリー4会員は店舗ごとに料金が違います。
コース種別 内容
フリーフル会員
LAVA(ラバ)の中の最上級コース。
全店舗利用出来て、通い放題になっています。
一律月額16,800円(税込)で、最も高いコースになります。
マンスリー・ライト会員
(フルタイム・デイタイム会員)
2番目に充実しているコース。
登録店舗+もう1店舗を通い放題で利用できます。
料金は店舗ごとに違い、利用時間の異なるフルタイムとデイタイムでも違います。
マンスリー・4 最もお手頃なコース。
登録店舗のみ利用出来て、月4回まで通えます。
店舗ごとに料金が違います。

店舗ごとに異なる料金体系や、各コースの詳細については、こちらの記事にまとめて書いてあります
LAVAの料金体系やコースは?

【フリーフル会員の場合】

A3か月の通常料金が月額16,800円×3か月=50,400円
B
キャンペーン価格料金 3,800円×3=11,400円
AB=差額39,000円

女性グリーン右から

違約金は計算上39,000円ですが、

上限は既に述べた通り25,000円になるので、結果違約金は25,000円となります。

そのため入会時に1万円分がお得になり、本来39,000円支払うところが25,000円になるので、

14,000円分は途中解約してもお得という計算になります。

女性グリーン右から

実際その場で25,000円は払わないとならないので損した気分にはなると思いますが・・・得しています!

【マンスリー・ライト会員の場合】
※店舗で料金が異なるので、ここでは新宿西口店のライト会員(デイタイム)の料金で計算します。

A3か月の通常料金が 12,545円×3か月=37,635円
Bキャンペーン価格 3,800円×3=11400円
AB=差額26,235円

女性ピンク左から

こちらも計算上の差額は26,235円ですが、

上限の25,000円以上なので、違約金は25,000円となります。

こちらも本来は26,235円払うところを25,000円で済んでいる+入会金1万円分無料なので、得しています。

最初からマンスリー・4会員が1番違約金が少ない

途中解約をするのに一番違約金を少なくする方法はどれなんでしょうか?

女性グリーン右から

それはずばり「キャンペーン入会時からマンスリー4会員で契約する」ということです!

なぜなら3か月間フリーフル会員の場合の通常料金との差額は39,000円なのに対して、マンスリー4会員の場合は差額が最大でも21,000円です。(この計算は後程します)

そのためキャンペーンの最初から一番リーズナブルなマンスリーメンバー・4会員でいる事が、途中解約で払う差額が一番少なくて済むからです。

女性ピンク左から

注意点としては、マンスリー・4会員も店舗ごとで料金が違うので、実際にかかる違約金の金額に差があります。

一番高い料金設定である新宿西口店(月額10,800円)と、一番安い設定であるイオンモール出雲店(月額6,800円)で比較してみました。

【新宿西口店の場合】※全て税込

A:通常料金 10,800円×3か月=32,400円
B:キャンペーン価格3,800円×3か月=11,400円
AB=差額21,000円

イオンモール出雲店の場合※全て税込

A:通常料金 6,800円×3か月=20,400円
B:キャンペーン価格 3,800円×3か月=11,400円
AB=差額9,000円 

女性ピンク左から

今回は3,800円(税込)のキャンペーン価格で計算しています。

この価格は変動する事があるので、上限25,000円になる可能性もあります。

同じマンスリー4会員でも、料金設定の違う店舗では最大12,000円程差が出ますね。

ご自身の登録している店舗、また登録したい店舗の料金を確認してみてください。

・・・途中解約が損か得の話に戻ると、出雲店に関していえば途中解約しても入会金1万円分無料なので、1000円分本当に得していますね(笑)

女性ピンク左から

途中解約してしまいそう・・・

女性グリーン右から

始めたいけど、違約金を考えると躊躇しちゃうな・・・

続けられるか心配で、できる限り違約金の負担を軽くしたい場合は、最初からマンスリー4会員で契約するというのも一つの方法です。

マンスリーメンバー・フリーフル会員を途中解約した場合まとめ

2019年後半あたりから途中解約時に支払う金額の上限が25,000円と変更になったので、フリーフル会員の場合は上限25,000円になります。

マンスリーメンバー・4を途中解約した場合まとめ

マンスリー4でも店舗によっては上限25,000円まで行く場合もあります。

マンスリーメンバー・4でもマンスリーメンバー・フリーでも上限額25,000円になってしまう場合がありますし、最初からマンスリー・4にしても2万円以上の違約金が発生する場合があります。

・・・以前は2万円近く差額が違ったのでお得でしたが、違約金に上限がついた今でしたら、3か月間たっぷりフリーフルを楽しんだほうがいいと思います!(笑)

女性グリーン右から

どのコースでも同じ料金だったら、割引率の高いフリーフル会員で3か月過ごしたいですよね(笑)

途中解約しない方がお得な場合

では途中解約しない方がお得な場合というのはあるんでしょうか??

8ヶ月間継続した方がお得な契約コース

ただそれでも、途中解約せずに8か月間は契約を続ける方が「お得感のあるプラン」があります!

途中解約しない方がお得な場合
4か月目からマンスリー・4に切り替えて8か月間経った後に解約する

私が考える一番お得プランは、3か月間通い放題の時はメンバーフリー会員で通い放題にして、4か月目から月4回会員になって8カ月継続するというものです。

とはいえ、単純に金額だけ見ると、一番料金がかからないのは「キャンペーン期間中の3か月末日に途中解約すること」です

①3か月の末日に途中解約した場合
ここでは3か月月額3,800円で計算していきます。

キャンペーン3か月分のトータル金額:11,400円
フリーフルの通常料金16,800円×3か月=50,400円
施設使用料:2,500円
途中解約で生じる料金差額:50,400円-11,400円=39,000円・・・上限の25,000円となります

11,400円+2,500円+(25,000円
=38,900円

トータル金額38,900円
※キャンペーンなしで3か月末日で途中退会した場合に+1万円(登録金と入学金)されるので更に62,900円~65,000円
48,900円

②4か月目でマンスリー・4会員になり8か月間経って解約した場合
後で説明しますが、こちらは古い情報になります。2020年現在、8か月目で解約すると差額の支払いが発生します。
キャンペーン3か月分のトータル金額:11,400円
施設使用料:2,500円
4か月目からマンスリー4の通常料金:月額10,800円×5=54,000円
54,000円+2,500円+11,400円=67,900円
トータル金額67,900円
※通常の月額料金は店舗によって6,800円~10,800円まで違いがあります。ここでは一番高い料金設定で計算しています。

①のキャンペーン終了月に途中解約してかかる金額は38,900円

②の4か月目にマンスリー・4会員になって8か月目で解約するのは一番高い料金設定でトータル67,900円

その差67,900円-38,900円=29,000円

①の方が29,000円済みます。

ただこのように単純に金額だけで見ると①の3か月終了時に途中解約の方が安いですが、1か月あたりで考えるとどちらがお得か?と考えてみてください。

①の場合は3か月分で38,900円、②の場合は8か月分で67,900円なので、1か月にかかる金額でいうと②の方が安くなります。

1か月あたりの月会費

①の場合:38,900円÷3か月=1か月あたり約12,966円
②の場合:67,900円÷8カ月=1か月あたり約8488円
現在の12か月縛りの場合
1か月あたり約9,258円

8カ月から12か月の継続が条件になった後も、4か月目でマンスリー4にして、12か月目に解約した方が1か月当たりの金額はお得になります!!

こうやってみると月で4,478円も差があります!(;´・ω・)できる限り長くホットヨガを続けたい!と思うなら、4か月目からマンスリー・4に切り替える方がお得感がありますね。

4か月目からマンスリー4に変えるとかなりお得

また最初の話に戻りますが、①の3か月で途中解約した場合と8カ月まで継続した差額は29,000円でしたね。

つまり②のプランで行くと、キャンペーン期間以降の5か月分を29,000円で通えるという考えになります!

これは1回あたりのレッスン料金で考えるとかなりお得です♡

②では4か月目からマンスリー4会員になるので、①よりも月4回×5か月分=20回分多くレッスンに通えます。

29,000円で20回レッスンが受講できるので、1レッスンあたり1,450で通えます♡

1回あたり1,450円でレッスン受講できるのはかなりお得ですよね。※マンスリーメンバー・ライトの金額がもっと安い店舗の場合は、更にお得になります。

※2020年1月の条件である12か月縛りでは、11万1,100円-39,800円=71,300円

キャンペーン後の残り9カ月を71,300円で通えるという事になります。

マンスリー会員の場合、月4回×9カ月=36回多くレッスンに通えます。

71,300円÷36回=1,980円

1レッスンあたり1,980円で受けられる計算になります。

3か月で38,900円を選ぶか、12カ月で11万1,100円を選ぶか、ここは通える状況であるかや、どちらを安いととるかという価値観の問題ではあると思います。

ただ1回券場合だと3,300円(税込)~3,700円(税込)かかるところが1回で通えるとなると、1レッスンあたり1,980円は、継続の条件が長くなった後でもお得です。

女性グリーン右から

12カ月までマンスリー・4会員に切り替えて通い続けようかな・・・

とも思ってしまいますよね(笑)

2020年最新情報
2019年後半より途中解約時に支払う料金の上限が25,000円となりました。
キャンペーン時の条件が8カ月から12か月間の継続に変更になったので、改めて計算しなおしています。
そのため「8か月目で解約する場合」は古い情報になります。
【キャンペーン4か月目にマンスリー4にして、12か月目に解約した場合】
※キャンペーン価格は月額3,800円で計算しています。
キャンペーン3か月分のトータル金額:月額3,800円×3か月=11,400円
施設使用料:2,500円
4か月目からマンスリー4の通常料金:月額10,800円×9=97,200円
97,200円+2,500円+11,400円=11万1,100円
トータル金額11万1,100円
※ここでも一番高い料金設定で計算しています。
11万1,100円÷12=1か月あたり約9,258円

まとめ

以上、キャンペーン中にLAVA(ラバ)を途中退会した場合違約金が発生するか、途中退会すると損をするか、などを徹底検証していました。

途中退会について以下のようにまとめてみました

途中退会まとめ
  • LAVA(ラバ)はキャンペーン中に途中退会しても、登録金+入会金の1万円は後で払う必要がないので、通常入会よりお得
  • キャンペーン終了後に12か月継続しないで途中退会しても、通常月額料金を支払えば問題なし。(通常料金とキャンペーン料金の差額分を一括で支払えば終了)
  • 差額料金の上限は25,000円と定められた
  • 妊娠での途中退会でも差額は払わなければならない

一括で差額分を入金するのは痛手ですが、途中退会の方が高くなることはなく、むしろ1万円お得というのは良心的ですよね(´;ω;`)

でもとにかく急な妊娠や転勤などでも「損をしないでいつでも途中退会できる」と分かると気持ちが楽になりますね♡